HPもよろしくお願いします。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

MS-06R2 その4

ジャイアントバズが似合うジョニーザクを作る計画。
今はデフォルトから嫌なところを取り除いてる感覚でやってます。
シールドを延長したことも含め、ジャイアントバズを持つときに肘を相当曲げなくてはいけなくなり、超ダサい。
image(6).jpeg

これまでやったとこまとめ
・モノアイスリット0.3mm詰め
・胸を角ばらせ、プラ板で1mm前へ
・胸の下側をエポパテで延長
・胴と腰のジョイントの角度を変更
・シールドを上に4mm、下に1mm延長
・チンコアーマーを形状変更
・フロントアーマーを独立化して、下に2mm延長
・足の形状変更

これからやろうとしていること
・ジャイアントバズをかっこよく構えられるように伸ばす
・腰まわりを自分好みに(方向性は決まってないけど)
・足回りを自分好みに(〃)
・腕もなんか適当にかっこよく

適当にやってます。
スポンサーサイト

未分類

LOL

League of Legendsおもしろいです。

未分類

トラックバックテーマ 第1477回「ロンドンオリンピック、注目の競技教えて!」

4年に一度のお祭りだし書くか
オリンピック注目競技はバドミントン。というか、中学高校時代にやってたからなんだけども。
バドミントンは昔のルールだとサーブを打つ側しか点が入らないという変わったルール。
と、言ってもネット種目ではテニスが圧倒的に有名だから変なルールに感じるだけでバレーボールも昔はサーブ権ポイント制だったので、変では無いのかも。
現在ではテレビの放送の尺を合わせやすいようにサーバー側、レシーバー側どちらが決めても点が入るようになりました。

バドミントンの変わってるところはサーバー側が有利ではないという点。
バドミントンのサーブはルールが厳しい。
1 腰より上からサーブを打ってはいけない。
2 手より上からサーブを打ってはいけない。
3 足を浮かせてはいけない。(スリ足のように動いてもダメ)
要約すると、テニスのように上からドカーンと打つなってことで、攻撃的なサーブが打てないんです。
となるとサーバー側ができることは、相手を攻撃するサーブではなく、相手に攻撃させないサーブを打つしかなくなるのでバドミントンはサービスエース率が非常に低いんです。。

それと、バドミントンはテニスと違って手首を返して打つので、バックハンドのほうが強い。
というのも、バックでは体を動かさずに手の届く範囲すべてをカバーできます。
なんか無理やりバックハンドで打ってない?と思うシーンにはこういう背景が。

皆さん注目の混合ダブルスですが、これもまた少し変わっていてセオリーは男子がコート7割くらいをカバーします。
普通、相手がスマッシュを打ってくる!と思ったら横に並んで穴をなくすのが定石です。
女子が男子のスマッシュを返すのは厳しく狙われがちになるので、左右で守らず前後で守ります。
後ろはカバーする範囲が大きいので7割くらいは男子が、といったところです。
女子は3割しか働かないのか?と言われるともちろんNoで相手から近い位置にいる前側はスピードの速いシャトルに反応しなければなりません。

書いていくとキリがないのでここらで。
だいぶ放送されるようになったなー。美人アスリートって強い。テレビ的に。

注目選手は男子シングルス田児賢一選手と男子ダブルス佐藤翔治選手。
佐藤選手は小、中、高、大、社会人と、すべての世代で優勝している選手で、なぜテレビで全然放送されないのか不思議。いまだに女子のスポーツという認識なんだろうか。

田児選手は自分が高校バドミントンをやっていた時代に高校日本一になった選手でとうとうオリンピック出るかーという感じ。
佐藤選手は本来シングルスの選手だが、その佐藤選手を破ったこともあり、期待大。

一昔前は中国の林丹選手が一強といった感じだったけど、今はどうなんだろう。

余談ですが、バドミントンのシャトルは水鳥の羽を使っているので、非常に高価で繊細です。1つ400円くらい。
気温で飛び方が違うので、季節によって交換が必要など、高校生のお財布にはいろいろ厳しかったなぁ
トラックバックテーマ 第1477回「ロンドンオリンピック、注目の競技教えて!」

未分類

自動車免許取りました。

なんか面倒で本試験受けに行く気にならなかったけど、重い腰を上げていってきました。
結果から言うと一発合格。
公認の教習所なら実技試験は免除になりますが、学科だけは試験があります。

東京は1日に2回受けられる模様。

朝9時くらいまでに受付をし、適正検査。要は視力検査。めがね忘れないでよかったー
本籍?あぁ、長崎だけど行った事もないし、フリガナわかんねー
本名がよく間違われる漢字だけど、さすが国家資格。
教習所の原簿ですら、いつも間違えられる2箇所をばっちり間違えてくれた。

9時半、学科試験開始。
50分95問、90/100点で合格。2点問題が5問あります。
まぁどんなにゆっくりやっても50分で足りないことはないかと。
30分くらいで一通り終えて、マークミスがないか確かめる。
ここは大学入試のセンター対策が効いたのかもしれない。
変に回答を直すとしくじるの法則。一応教習所では勉強してたしね。10日間何もしてなかったけど。
とりあえずメモ欄に答えが曖昧なものをメモして、さくさく先へ進んで、一通り終わったら曖昧なものをもう一度。
こんな感じで終えて途中退室。

結果発表は11時。結構長い。
無事受かっていたけど、合格率は5割強ってところだったかな。
と、言っても午後の試験でも次の日の試験でも受けられるし、何回落ちてもラッキーで1回ひっかかればいい訳だから。

合格者はいろいろ説明を聞いて交付料はらったりなんなりで写真撮影へ。
このためにみんな髪の毛をバリバリにキメていたけど、約半分が落ちてしまったのね。
まぁ俺も最低限の身だしなみは整えて行ったけども。

超業務的写真撮影。
はい、顎引いて。髪ちょっと分けて。はい、撮るよ。はい次。
マジでこんな感じ。まぁ人数が人数だからね。
そこまで髪が長くなかったからすぐ終わった。
髪が長い女性の方は分けても分けても髪が垂れてきて大変そうだった。

13時、免許交付。

横の若い女の子たちは
「免許の写真って写り悪いよねー、でも○○ちゃんは盛れてると思うよー」なんて言ってたな。
(盛れてる=かわいく写ってる)
どうなんでしょう。
ちなみに俺はムッツリスケベって感じになってしまった。さらにTシャツが相当ずれていた。
ま、誰に見せるわけでもないからいいんだけどね。

午後までもつれてたら4時くらいまで帰れなかったらしい。よかったよかった。

帰りに5000円しか持ってないのにGARO打ったら擬似3すらいかず、普通にストレート負けした。
おわり。

未分類

自動車免許 教習所 後編

仮免交付後。
路上第1回、ここでクソ教官だったらやべぇ・・・
が、知ってる教官の7割以上はクソ教官だ。

路上1回目はまぁ路上に慣れればいーやくらいに思っていたのだが
おいおい、左寄りすぎだぞ
ここは50キロで下れ!
などなど、田舎の山道を50キロで下る運転初心者って良いのかなと思いつつ。
くだらない小言を連呼され苛立つが、これはほとんど冗談だったと後に知る。
冗談わかりづれーよ、教官。

と、まぁ路上に出てからの教官は教習所内とは別人だった。
もちろん、仮免交付されて延泊の恐怖におびえることがほぼなくなったことや、運転に割りと慣れてきたこともあるが・・・
あきらかに別人だろ。
基本運転中は雑談で、要所要所教えてくれる感じ。
唯一引っかかったのは何でもかんでもズカズカ踏み込んで聞いてくるところ。人によっては嫌かもしれん。
と、まぁ複数教習も落ち着いた人と当たり、実技は割りとスムーズにいったのである。
あ、経路を自分で決めて走る教習で、夜まっくらで回りはすべて畑。まぁ道わかんないよね、で、めっちゃキレられた。
仕方ない気もしたけど、寝たら忘れたw

教習所の走りは通用しないのはわかってたけど、さすが田舎。基本60km/hだもんなー
路上は楽しめば勝ちだと思ってた。もともとそれなりに車が好きだったのでギアチェンジも楽しいし、山道も楽しかった。

学科
相変わらず教科書&幼稚なビデオ、うるさいDQN、キレる教官の数え役満。
なぜかうるさいDQNに甘く、静かで真面目に聞いてる人には辛い教官がいた。
この人の授業はわかりやすいけどなんか嫌いだったなー
でもまぁ聞いてれば頭に入るもんで。
よく考えればそこらへんの不良だって、50,60から免許取る人だっているわけで、免許は一番甘い国家資格なんじゃないかと。
退屈ではあったけど、普通に試験も通り。

合宿の最後は実技試験
路上で決められたコースを走り、停車、駐車、最後に教習所で縦列駐車か、方向転換。
教習所まで戻ってこれればひとまず合格点は持っている。最後の縦列駐車、方向転換でミスらなければ合格。
結構やっちまったかなーとか思ったけど、最後の縦列駐車でミスがなかったのでまぁ合格。
後で聞いてみると結構余裕で合格だったらしい。
エンストの減点基準も甘いらしく、3、4回エンストこいて合格した猛者もいるらしい。

で、卒業。結果1日延泊のみ。

人によるし、ここ以外の教習所は知らないけど、やっぱりゆっくり通いで免許を取るほうが楽だと思う。
友達とかと一緒に修学旅行気分というからアリかな。
夏休みとかになると費用は高くなるけど、大学生とか多いだろうし、割と楽しめるかも。
まぁ今回に関しては結構ハズレかな、といったところ。
おしまい。
プロフィール

Niq9n

Author:Niq9n
主に模型制作をしています。
HPもあるのでそちらの方もよろしくお願いします。
相互リンク! 相互リンク!

コメントをください、切実ですw

ついった
フォローはご自由にどうぞ。
ブロとも申請フォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。